人里ふくろうの不苦労日記

なるべく避けたいってだけで人並みに苦労してます

積立金の意味について

報酬等に充てるべく、任意整理や個人再生を依頼した時から司法書士や弁護士に勧められて始めた積立金は、成功報酬の精算が済んだアトは本人の手基に戻ってきます。
お金がないのに積立をする事は大変だと思うでしょうが、成功報酬の分割払いを前倒しするだけですし、手続きを始めなければ返済に充てる予定だったお金を使い果たしてしまうことも避けられます。なるべくなら積み立てるようにしましょう。

意を決してお金の借入の整理を始めたものの、どうも頼りにならない弁護士であるがゆえに、作業依頼をやめたいと思ったときは、よく契約でいう「解約」のかわりに「解任」の手続きが不可欠です。

手続きを忘れて別途よそと契約してしまうと、債権者に二か所から受任通知が届くことになり、事態が余計厄介な方向に進んでしまいます。

解任手続きは難しいことではありませんから、必ず解任し、あらためて新しい依頼をするようにしましょう。

債務を整理をすると、その負担を軽くする事ができます。

けれども、このことは信用情報機関に金融事故歴アリとして載ってしまいます。

こうなってしまうと、いわゆる「ブラックリスト」に載っている状態ですから、借入やローンの審査で落とされるようになります。債務整理後のおよそ5年間はこうしたサービスが受けられなくなるので、気を付けてちょうだい。自分は個人再生をしたために家のローンの支払いがたいへん楽になりました。
それまでは毎月支払うのが困難だったのですが、個人再生によって債務が軽くなったのでとても返済金額が少なくなり、ゆとりのある生活が送れるようになりました。勇気を出して弁護士に相談して良かったと嬉しく思います。

借金返せない

コメントは受け付けていません。